家庭用脱毛器の選び方

家庭用脱毛器の選び方

家庭用脱毛器の選び方

自分でムダ毛の処理をするにはいろいろな方法がありますが、あまりお金をかけずに、しかし肌をいたわりながらきれいな仕上がりを希望するのであれば、家庭用脱毛器がおすすめです。
家庭用脱毛器は機械を購入する必要があるので、エステで脇脱毛せずにカミソリや毛抜でムダ毛処理をするよりもお金がかかりますが、最初に機械を買ってしまえば、それ以降は機械が壊れるまで使い続けられます。

 

エステサロンの場合は脱毛が完了するまで何回か通う必要がありますし、一度きれいに脱毛しても、またムダ毛が生えて来ない保証はないので、結果的には家庭用脱毛器の方が経済的になるという可能性の方が高くなります。
一昔前まで、家庭用脱毛器は性能が悪く、ヤケドをしてしまったり、うまく脱毛できなかったりして、悪い評判が広まってあまり使う人がいなかったのですが、最近はどんどん改良が加えられて、かなり性能が良くなりました。

 

以前の家庭用脱毛器はワキの処理が中心のものばかりでしたが、最近のものは腕や脚はもちろん、顔の産毛やデリケートゾーンにまで対応できるようになっていて、全身脱毛も可能です。
また、昔は家庭用脱毛器というと数十万するのが当たり前で、とても高価なものだったのですが、最近は低価格になってきていて、下は5,000円程度から、高くても十数万円で購入できるようになりました。

 

家庭用脱毛器は、ムダ毛を処理する方式によって大きくわけて3つの種類に分類することができます。
ひとつはフラッシュ式。

 

これはインテンスパルスライトという光を照射して脱毛する方法で、脱毛したい部分にパッとカメラのフラッシュのように光を当てて脱毛していきます。
1回に肌に光が当たる時間が短いので、肌が熱くなりすぎることがなく安全です。

 

インテンスパルスライトの光は、産毛のような比較的柔らかくて薄い毛にも反応するため、体の隅々まで処理することができます。
インテンスパルスライトの光は、レーザーの光と違い、遠くに行くほど拡散する性質を持っているので、比較的広範囲に光を照射することができるため、短時間での処理が可能になります。

 

また、他の脱毛器に比べて、痛みが少ないと言われています。が、顔脱毛ができるか否かはわかりません。
フラッシュ式よりも古くからあるのがレーザー式です。

 

昔は家庭用脱毛器というとレーザー式しかありませんでした。
脱毛器から出るレーザーは医療用レーザーと同じ、黒や茶色に反応するものですが、脱毛クリニックで使われるものより出力は低くなっています。
出力が低いとは言っても、毛根にダメージを与えるため、脱毛の効果はかなり高くなります。

 

フラッシュ式に比べて光を照射できる範囲は狭くなるので、時間はかかりますが、脱毛効果が高いので処理を繰り返していくうちに、徐々に毛が生えにくくなります。
また、毛の黒い部分にしか反応しないので、肌へのダメージが最小限にすみます。

 

サーミコン式は熱線によってムダ毛を焼き切る方式です。
サーミコン(熱線)の部分で、毛の生えているところをなぞるだけですから、とても操作が簡単です。

 

肌に直接当たることがないので、痛みも全くなく、肌へのダメージもありません。
機械も小さくで扱いやすく、値段も他の脱毛器に比べ、安めになっています。

有名ブランドの詳細

自分でムダ毛の処理をするにはいろいろな方法がありますが、あまりお金をかけずに、しかし肌をいたわりながらきれいな仕上がりを希望するのであれば、家庭用脱毛器がおすすめです。